Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > NoMethodErrorクラス

class NoMethodError

クラスの継承リスト: NoMethodError < NameError < StandardError < Exception < Object < Kernel < BasicObject

要約

定義されていないメソッドの呼び出しが行われたときに発生します。

例:

self.bar
# => -:1: undefined method `bar' for #<Object:0x401a6c40> (NoMethodError)

プライベートなインスタンスメソッドを呼び出そうとした場合にも発生します。

例:

"".puts
# => NoMethodError: private method `puts' called for "":String

メソッド呼び出しの形式でなければ NameError 例外が発生します。

例:

bar
# => -:1: undefined local variable or method `bar' for #<Object:0x401a6c40> (NameError)

目次

特異メソッド
new
インスタンスメソッド
args

特異メソッド

new(error_message = "", name = nil, args = nil) -> NoMethodError[permalink][rdoc]

例外オブジェクトを生成して返します。

[PARAM] error_message:
エラーメッセージを表す文字列です
[PARAM] name:
未定義だったシンボルです
[PARAM] args:
メソッド呼び出しに使われた引数です

例:

nom = NoMethodError.new("message", "foo", [1,2,3])
p nom.name
p nom.args

# => "foo"
[1, 2, 3]

インスタンスメソッド

args -> [object][permalink][rdoc]

メソッド呼び出しに使われた引数を配列で返します。

例:

begin
  foobar(1,2,3)
rescue NoMethodError
  p $!
  p $!.name
  p $!.args
end

# => #<NoMethodError: undefined method `foobar' for main:Object>
     :foobar
     [1, 2, 3]