Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > LocalJumpErrorクラス

class LocalJumpError

クラスの継承リスト: LocalJumpError < StandardError < Exception < Object < Kernel < BasicObject

要約

ある Proc オブジェクトの作成元スコープがすでに終了しているとき、 その Proc オブジェクト内で return, break, retry のいずれかを実行すると発生します。

Proc の例を参照してください。

目次

インスタンスメソッド
exit_value reason

インスタンスメソッド

exit_value -> object[permalink][rdoc]

例外 LocalJumpError を発生する原因となった break や return に渡した値を返します。

例:

def foo
  proc { return 10 }
end

begin
  foo.call
rescue LocalJumpError => err
  p err              # => #<LocalJumpError: return from block-closure>
  p err.reason       # => :return
  p err.exit_value   # => 10
end

begin
  Block.new { break 5 }.call
rescue LocalJumpError => err
  p err              # => #<LocalJumpError: break from block-closure>
  p err.reason       # => :break
  p err.exit_value   # => 5
end
reason -> Symbol[permalink][rdoc]

例外を発生させた原因をシンボルで返します。

返す値は以下のいずれかです。

例:

def foo
  proc { return 10 }
end

begin
  foo.call
rescue LocalJumpError => err
  p err              # => #<LocalJumpError: return from block-closure>
  p err.reason       # => :return
  p err.exit_value   # => 10
end

begin
  Block.new { break 5 }.call
rescue LocalJumpError => err
  p err              # => #<LocalJumpError: break from block-closure>
  p err.reason       # => :break
  p err.exit_value   # => 5
end