Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Interruptクラス

class Interrupt

クラスの継承リスト: Interrupt < SignalException < Exception < Object < Kernel < BasicObject

要約

SIGINT シグナルを捕捉していないときに SIGINT シグナルを受け取ると発生します。 SIGINT 以外のシグナルを受信したときに発生する例外については SignalException を参照してください。

使用例

=begin
#SIGINTを捕捉したい場合
Signal.trap('INT'){
  print "\nINTを捕捉した。\n"
  exit 1
}
=end

begin
  begin
    print "z"
    $stdout.flush
    sleep(1)
  end while true
rescue Interrupt
  print "!!\n"
  exit 1
end

目次