Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Encoding::InvalidByteSequenceErrorクラス

class Encoding::InvalidByteSequenceError

クラスの継承リスト: Encoding::InvalidByteSequenceError < EncodingError < StandardError < Exception < Object < Kernel < BasicObject

要約

文字列がそのエンコーディングにおいて不正なバイト列である場合に発生 する例外。

通常エンコーディング変換時に発生します。

"\x82\xa0".force_encoding("cp932").encode("UTF-8")
#=> "あ"
"\x82\xa0".force_encoding("EUC-JP").encode("UTF-8")
#=> Encoding::InvalidByteSequenceError: "\x82" on EUC-JP

目次

インスタンスメソッド
destination_encoding destination_encoding_name error_bytes incomplete_input? readagain_bytes source_encoding source_encoding_name

インスタンスメソッド

destination_encoding -> Encoding[permalink][rdoc]

エラーを発生させた変換の変換先のエンコーディングを Encoding オブジェクトで返します。

[SEE_ALSO] Encoding::InvalidByteSequenceError#source_encoding, Encoding::UndefinedConversionError#destination_encoding

destination_encoding_name -> String[permalink][rdoc]

エラーを発生させた変換の変換先のエンコーディングを文字列で返します。

[SEE_ALSO] Encoding::InvalidByteSequenceError#destination_encoding

error_bytes -> String[permalink][rdoc]

エラー発生時に捨てられたバイト列を返します。

ec = Encoding::Converter.new("EUC-JP", "ISO-8859-1")
begin
  ec.convert("abc\xA1\xFFdef")
rescue Encoding::InvalidByteSequenceError
  p $!
  #=> #<Encoding::InvalidByteSequenceError: "\xA1" followed by "\xFF" on EUC-JP>
  puts $!.error_bytes.dump          #=> "\xA1"
  puts $!.readagain_bytes.dump      #=> "\xFF"
end

[SEE_ALSO] Encoding::InvalidByteSequenceError#readagain_bytes

incomplete_input? -> bool[permalink][rdoc]

エラー発生時に入力文字列が不足している場合に真を返します。

つまり、マルチバイト文字列の途中で文字列が終わっている場合に 真を返します。これは後続の入力を追加することでエラーが 解消する可能性があることを意味します。

ec = Encoding::Converter.new("EUC-JP", "ISO-8859-1")

begin
  ec.convert("abc\xA1z")
rescue Encoding::InvalidByteSequenceError
  p $!
  #=> #<Encoding::InvalidByteSequenceError: "\xA1" followed by "z" on EUC-JP>
  p $!.incomplete_input?    #=> false
end

begin
  ec.convert("abc\xA1")
  ec.finish
rescue Encoding::InvalidByteSequenceError
  p $! #=> #<Encoding::InvalidByteSequenceError: incomplete "\xA1" on EUC-JP>
  p $!.incomplete_input?    #=> true
end
readagain_bytes -> String[permalink][rdoc]

エラー発生時に読み直さなければならないバイト列を返します。

[SEE_ALSO] Encoding::InvalidByteSequenceError#error_bytes

source_encoding -> Encoding[permalink][rdoc]

エラーを発生させた変換の変換元のエンコーディングを Encoding オブジェクトで返します。

[SEE_ALSO] Encoding::InvalidByteSequenceError#destination_encoding, Encoding::UndefinedConversionError#source_encoding

source_encoding_name -> Encoding[permalink][rdoc]

エラーを発生させた変換の変換元のエンコーディングを文字列で返します。

[SEE_ALSO] Encoding::InvalidByteSequenceError#source_encoding