Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > cgi/htmlライブラリ > CGI::HtmlExtensionモジュール

module CGI::HtmlExtension

クラスの継承リスト: CGI::HtmlExtension

要約

HTML を生成するためのメソッドを提供するモジュールです。

例:

cgi.a("http://www.example.com") { "Example" }
  # => "<A HREF=\"http://www.example.com\">Example</A>"

目次

インスタンスメソッド
a base blockquote caption checkbox checkbox_group file_field form hidden html image_button img multipart_form password_field popup_menu scrolling_list radio_button radio_group reset submit text_field textarea

インスタンスメソッド

a(href = "") -> String[permalink][rdoc]
a(href = "") { ... } -> String

a 要素を生成します。

ブロックを与えると、ブロックを評価した結果が内容になります。

[PARAM] href:
文字列を指定します。属性をハッシュで指定することもできます。

例:

a("http://www.example.com") { "Example" }
  # => "<A HREF=\"http://www.example.com\">Example</A>"

a("HREF" => "http://www.example.com", "TARGET" => "_top") { "Example" }
  # => "<A HREF=\"http://www.example.com\" TARGET=\"_top\">Example</A>"
base(href = "") -> String[permalink][rdoc]

base 要素を生成します。

[PARAM] href:
文字列を指定します。属性をハッシュで指定することもできます。

例:

base("http://www.example.com/cgi")
  # => "<BASE HREF=\"http://www.example.com/cgi\">"
blockquote(cite = nil) -> String[permalink][rdoc]
blockquote(cite = nil) { ... } -> String

blockquote 要素を生成します。

ブロックを与えると、ブロックを評価した結果が内容になります。

[PARAM] cite:
引用元を指定します。属性をハッシュで指定することもできます。

例:

blockquote("http://www.example.com/quotes/foo.html") { "Foo!" }
  #=> "<BLOCKQUOTE CITE=\"http://www.example.com/quotes/foo.html\">Foo!</BLOCKQUOTE>
caption(align = nil) -> String[permalink][rdoc]
caption(align = nil) { ... } -> String

caption 要素を生成します。

ブロックを与えると、ブロックを評価した結果が内容になります。

[PARAM] align:
配置を文字列で指定します。(top, bottom, left right が指定可能です) 属性をハッシュで指定することもできます。

例:

caption("left") { "Capital Cities" }
  # => <CAPTION ALIGN=\"left\">Capital Cities</CAPTION>
checkbox(name = "", value = nil, checked = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが checkbox である input 要素を生成します。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] value:
value 属性の値を指定します。
[PARAM] checked:
checked 属性の値を指定します。

例:

checkbox("name", "value", true)
# => "<INPUT CHECKED NAME=\"name\" TYPE=\"checkbox\" VALUE=\"value\">"
checkbox(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが checkbox である input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

checkbox("name" => "name", "value" => "value", "checked" => true)
# => "<INPUT checked name=\"name\" TYPE=\"checkbox\" value=\"value\">"
checkbox_group(name = "", *values) -> String[permalink][rdoc]

タイプが checkbox である input 要素のグループを生成します。

生成される input 要素の name 属性はすべて同じになり、 それぞれの input 要素の後ろにはラベルが続きます。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] values:
value 属性のリストを指定します。 それぞれの引数が、単純な文字列の場合、value 属性の値とラベルに同じものが使用されます。 それぞれの引数が、二要素または三要素の配列の場合、最終要素が true であれば、 checked 属性をセットします。先頭の要素は value 属性の値になります。

例:

checkbox_group("name", "foo", "bar", "baz")
  # <INPUT TYPE="checkbox" NAME="name" VALUE="foo">foo
  # <INPUT TYPE="checkbox" NAME="name" VALUE="bar">bar
  # <INPUT TYPE="checkbox" NAME="name" VALUE="baz">baz

checkbox_group("name", ["foo"], ["bar", true], "baz")
  # <INPUT TYPE="checkbox" NAME="name" VALUE="foo">foo
  # <INPUT TYPE="checkbox" CHECKED NAME="name" VALUE="bar">bar
  # <INPUT TYPE="checkbox" NAME="name" VALUE="baz">baz

checkbox_group("name", ["1", "Foo"], ["2", "Bar", true], "Baz")
  # <INPUT TYPE="checkbox" NAME="name" VALUE="1">Foo
  # <INPUT TYPE="checkbox" SELECTED NAME="name" VALUE="2">Bar
  # <INPUT TYPE="checkbox" NAME="name" VALUE="Baz">Baz
checkbox_group(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが checkbox である input 要素のグループを生成します。

生成される input 要素の name 属性はすべて同じになり、 それぞれの input 要素の後ろにはラベルが続きます。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

checkbox_group({ "NAME" => "name",
                 "VALUES" => ["foo", "bar", "baz"] })

checkbox_group({ "NAME" => "name",
                 "VALUES" => [["foo"], ["bar", true], "baz"] })

checkbox_group({ "NAME" => "name",
                 "VALUES" => [["1", "Foo"], ["2", "Bar", true], "Baz"] })
file_field(name = "", size = 20, maxlength = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが file である input 要素を生成します。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] size:
size 属性の値を指定します。
[PARAM] maxlength:
maxlength 属性の値を指定します。

例:

file_field("name")
  # <INPUT TYPE="file" NAME="name" SIZE="20">

file_field("name", 40)
  # <INPUT TYPE="file" NAME="name" SIZE="40">

file_field("name", 40, 100)
  # <INPUT TYPE="file" NAME="name" SIZE="40" MAXLENGTH="100">
file_field(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが file である input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

file_field({ "NAME" => "name", "SIZE" => 40 })
  # <INPUT TYPE="file" NAME="name" SIZE="40">
form(method = "post", action = nil, enctype = "application/x-www-form-urlencoded") -> String[permalink][rdoc]
form(method = "post", action = nil, enctype = "application/x-www-form-urlencoded") { ... } -> String

form 要素を生成します。 ブロックを与えると、ブロックを評価した結果が内容になります。

[PARAM] method:
method 属性の値として "get" か "post" を指定します。
[PARAM] action:
action 属性の値を指定します。デフォルトは現在の CGI スクリプト名です。
[PARAM] enctype:
enctype 属性の値を指定します。デフォルトは "application/x-www-form-urlencoded" です。

例:

form{ "string" }
  # <FORM METHOD="post" ENCTYPE="application/x-www-form-urlencoded">string</FORM>

form("get"){ "string" }
  # <FORM METHOD="get" ENCTYPE="application/x-www-form-urlencoded">string</FORM>

form("get", "url"){ "string" }
  # <FORM METHOD="get" ACTION="url" ENCTYPE="application/x-www-form-urlencoded">string</FORM>
form(attributes) -> String[permalink][rdoc]
form(attributes) { ... } -> String

form 要素を生成します。 ブロックを与えると、ブロックを評価した結果が内容になります。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

form({"METHOD" => "post", ENCTYPE => "enctype"}){ "string" }
  # <FORM METHOD="post" ENCTYPE="enctype">string</FORM>

[SEE_ALSO] CGI::HtmlExtension#multipart_form

hidden(name = "", value = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが hidden である input 要素を生成します。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] value:
value 属性の値を指定します。

例:

hidden("name")
  # <INPUT TYPE="hidden" NAME="name">

hidden("name", "value")
  # <INPUT TYPE="hidden" NAME="name" VALUE="value">
hidden(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが hidden である input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

hidden({ "NAME" => "name", "VALUE" => "reset", "ID" => "foo" })
  # <INPUT TYPE="hidden" NAME="name" VALUE="value" ID="foo">
html(attributes = {}) -> String[permalink][rdoc]
html(attributes = {}) { ... } -> String

トップレベルの html 要素を生成します。 ブロックを与えると、ブロックを評価した結果が内容になります。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。 擬似属性の "PRETTY" に文字列を与えるとその文字列でインデントした HTML を生成します。 擬似属性の "DOCTYPE" には DOCTYPE 宣言として使用する文字列を与えることができます。

例:

html{ "string" }
  # <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN"><HTML>string</HTML>

html({ "LANG" => "ja" }){ "string" }
  # <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN"><HTML LANG="ja">string</HTML>

html({ "DOCTYPE" => false }){ "string" }
  # <HTML>string</HTML>

html({ "DOCTYPE" => '<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML//EN">' }){ "string" }
  # <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML//EN"><HTML>string</HTML>

html({ "PRETTY" => "  " }){ "<BODY></BODY>" }
  # <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
  # <HTML>
  #   <BODY>
  #   </BODY>
  # </HTML>

html({ "PRETTY" => "\t" }){ "<BODY></BODY>" }
  # <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
  # <HTML>
  #         <BODY>
  #         </BODY>
  # </HTML>

html("PRETTY"){ "<BODY></BODY>" }
  # = html({ "PRETTY" => "  " }){ "<BODY></BODY>" }

html(if $VERBOSE then "PRETTY" end){ "HTML string" }
image_button(src = "", name = nil, alt = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが image の input 要素を生成します。

[PARAM] src:
src 属性の値を指定します。
[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] alt:
alt 属性の値を指定します。

例:

image_button("url")
  # <INPUT TYPE="image" SRC="url">

image_button("url", "name", "string")
  # <INPUT TYPE="image" SRC="url" NAME="name" ALT="string">
image_button(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが image の input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

image_button({ "SRC" => "url", "ALT" => "string" })
  # <INPUT TYPE="image" SRC="url" ALT="string">
img(src = "", alt = "", width = nil, height = nil) -> String[permalink][rdoc]

img 要素を生成します。

[PARAM] src:
src 属性の値を指定します。
[PARAM] alt:
alt 属性の値を指定します。
[PARAM] width:
width 属性の値を指定します。
[PARAM] height:
height 属性の値を指定します。

例:

img("src", "alt", 100, 50)
  # <IMG SRC="src" ALT="alt" WIDTH="100" HEIGHT="50">
img(attributes) -> String[permalink][rdoc]

img 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

img({ "SRC" => "src", "ALT" => "alt", "WIDTH" => 100, "HEIGHT" => 50 })
  # <IMG SRC="src" ALT="alt" WIDTH="100" HEIGHT="50">
multipart_form(action = nil, enctype = "multipart/form-data") -> String[permalink][rdoc]
multipart_form(action = nil, enctype = "multipart/form-data") { ... } -> String

enctype 属性に "multipart/form-data" をセットした form 要素を生成します。 ブロックを与えると、ブロックを評価した結果が内容になります。

[PARAM] action:
action 属性の値を指定します。
[PARAM] enctype:
enctype 属性の値を指定します。

例:

multipart_form{ "string" }
  # <FORM METHOD="post" ENCTYPE="multipart/form-data">string</FORM>
multipart_form(attributes) -> String[permalink][rdoc]
multipart_form(attributes) { ... } -> String

enctype 属性に "multipart/form-data" をセットした form 要素を生成します。 ブロックを与えると、ブロックを評価した結果が内容になります。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

multipart_form("url"){ "string" }
  # <FORM METHOD="post" ACTION="url" ENCTYPE="multipart/form-data">string</FORM>
password_field(name = "", value = nil, size = 40, maxlength = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが password である input 要素を生成します。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] value:
属性の値を指定します。
[PARAM] size:
size 属性の値を指定します。
[PARAM] maxlength:
maxlength 属性の値を指定します。

例:

password_field("name")
  # <INPUT TYPE="password" NAME="name" SIZE="40">

password_field("name", "value")
  # <INPUT TYPE="password" NAME="name" VALUE="value" SIZE="40">

password_field("password", "value", 80, 200)
  # <INPUT TYPE="password" NAME="name" VALUE="value" SIZE="80" MAXLENGTH="200">
password_field(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが password である input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

password_field({ "NAME" => "name", "VALUE" => "value" })
  # <INPUT TYPE="password" NAME="name" VALUE="value">
popup_menu(name = "", *values) -> String[permalink][rdoc]
scrolling_list(name = "", *values) -> String

select 要素を生成します。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] values:
option 要素を生成するための情報を一つ以上指定します。 それぞれ、文字列、一要素、二要素、三要素の配列を指定することができます。 文字列か一要素の配列である場合は、value 属性の値と option 要素の内容になります。 三要素の配列である場合は、順に value 属性の値、option 要素の内容、その option 要素が 選択状態かどうかを表す真偽値となります。 例: popup_menu("name", "foo", "bar", "baz") # <SELECT NAME="name"> # <OPTION VALUE="foo">foo</OPTION> # <OPTION VALUE="bar">bar</OPTION> # <OPTION VALUE="baz">baz</OPTION> # </SELECT>
popup_menu("name", ["foo"], ["bar", true], "baz")
  # <SELECT NAME="name">
  #   <OPTION VALUE="foo">foo</OPTION>
  #   <OPTION VALUE="bar" SELECTED>bar</OPTION>
  #   <OPTION VALUE="baz">baz</OPTION>
  # </SELECT>

popup_menu("name", ["1", "Foo"], ["2", "Bar", true], "Baz")
  # <SELECT NAME="name">
  #   <OPTION VALUE="1">Foo</OPTION>
  #   <OPTION SELECTED VALUE="2">Bar</OPTION>
  #   <OPTION VALUE="Baz">Baz</OPTION>
  # </SELECT>
popup_menu(attributes) -> String[permalink][rdoc]
scrolling_list(attributes) -> String

select 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

popup_menu({"NAME" => "name", "SIZE" => 2, "MULTIPLE" => true,
            "VALUES" => [["1", "Foo"], ["2", "Bar", true], "Baz"] })
  # <SELECT NAME="name" MULTIPLE SIZE="2">
  #   <OPTION VALUE="1">Foo</OPTION>
  #   <OPTION SELECTED VALUE="2">Bar</OPTION>
  #   <OPTION VALUE="Baz">Baz</OPTION>
  # </SELECT>
radio_button(name = "", value = nil, checked = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが radio である input 要素を生成します。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] value:
value 属性の値を指定します。
[PARAM] checked:
真ならば checked 属性を設定します。

例:

radio_button("name", "value")
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="value">

radio_button("name", "value", true)
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="value" CHECKED>
radio_button(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが radio である input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

radio_button({ "NAME" => "name", "VALUE" => "value", "ID" => "foo" })
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="value" ID="foo">
radio_group(name = "", *values) -> String[permalink][rdoc]

タイプが radio である input 要素のリストを生成します。

生成される input 要素の name 属性はすべて同じになり、 それぞれの input 要素の後ろにはラベルが続きます。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] values:
value 属性のリストを指定します。 それぞれの引数が、単純な文字列の場合、value 属性の値とラベルに同じものが使用されます。 それぞれの引数が、二要素または三要素の配列の場合、最終要素が true であれば、 checked 属性をセットします。先頭の要素は value 属性の値になります。

例:

radio_group("name", "foo", "bar", "baz")
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="foo">foo
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="bar">bar
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="baz">baz

radio_group("name", ["foo"], ["bar", true], "baz")
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="foo">foo
  # <INPUT TYPE="radio" CHECKED NAME="name" VALUE="bar">bar
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="baz">baz

radio_group("name", ["1", "Foo"], ["2", "Bar", true], "Baz")
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="1">Foo
  # <INPUT TYPE="radio" CHECKED NAME="name" VALUE="2">Bar
  # <INPUT TYPE="radio" NAME="name" VALUE="Baz">Baz
radio_group(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが radio である input 要素のリストを生成します。

生成される input 要素の name 属性はすべて同じになり、 それぞれの input 要素の後ろにはラベルが続きます。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

radio_group({ "NAME" => "name",
              "VALUES" => ["foo", "bar", "baz"] })

radio_group({ "NAME" => "name",
              "VALUES" => [["foo"], ["bar", true], "baz"] })

radio_group({ "NAME" => "name",
              "VALUES" => [["1", "Foo"], ["2", "Bar", true], "Baz"] })
reset(value = nil, name = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが reset である input 要素を生成します。

[PARAM] value:
value 属性の値を指定します。
[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。

例:

reset
  # <INPUT TYPE="reset">

reset("reset")
  # <INPUT TYPE="reset" VALUE="reset">
reset(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが reset である input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。
reset({ "VALUE" => "reset", "ID" => "foo" })
  # <INPUT TYPE="reset" VALUE="reset" ID="foo">
submit(value = nil, name = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが submit である input 要素を生成します。

[PARAM] value:
value 属性の値を指定します。
[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。

例:

submit
  # <INPUT TYPE="submit">

submit("ok")
  # <INPUT TYPE="submit" VALUE="ok">

submit("ok", "button1")
  # <INPUT TYPE="submit" VALUE="ok" NAME="button1">
submit(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが submit である input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

submit({ "VALUE" => "ok", "NAME" => "button1", "ID" => "foo" })
  # <INPUT TYPE="submit" VALUE="ok" NAME="button1" ID="foo">
text_field(name = "", value = nil, size = 40, maxlength = nil) -> String[permalink][rdoc]

タイプが text である input 要素を生成します。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] value:
属性の値を指定します。
[PARAM] size:
size 属性の値を指定します。
[PARAM] maxlength:
maxlength 属性の値を指定します。

例:

text_field("name")
  # <INPUT TYPE="text" NAME="name" SIZE="40">

text_field("name", "value")
  # <INPUT TYPE="text" NAME="name" VALUE="value" SIZE="40">

text_field("name", "value", 80)
  # <INPUT TYPE="text" NAME="name" VALUE="value" SIZE="80">

text_field("name", "value", 80, 200)
  # <INPUT TYPE="text" NAME="name" VALUE="value" SIZE="80" MAXLENGTH="200">
text_field(attributes) -> String[permalink][rdoc]

タイプが text である input 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。
text_field({ "NAME" => "name", "VALUE" => "value" })
  # <INPUT TYPE="text" NAME="name" VALUE="value">
textarea(name = "", cols = 70, rows = 10) -> String[permalink][rdoc]

textarea 要素を生成します。

[PARAM] name:
name 属性の値を指定します。
[PARAM] cols:
cols 属性の値を指定します。
[PARAM] rows:
rows 属性の値を指定します。

例:

textarea("name")
  # = textarea({ "NAME" => "name", "COLS" => 70, "ROWS" => 10 })
textarea(attributes) -> String[permalink][rdoc]

textarea 要素を生成します。

[PARAM] attributes:
属性をハッシュで指定します。

例:

textarea("name", 40, 5)
  # = textarea({ "NAME" => "name", "COLS" => 40, "ROWS" => 5 })