Ruby 2.2.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > uriライブラリ > URI::HTTPクラス

class URI::HTTP

クラスの継承リスト: URI::HTTP < URI::Generic < URI < Object < Kernel < BasicObject
dynamic include: OpenURI::OpenRead (by open-uri)

要約

HTTP URI を表すクラスです。

目次

特異メソッド
build new
インスタンスメソッド
request_uri

特異メソッド

build(ary) -> URI::HTTP[permalink][rdoc]
build(hash) -> URI::HTTP

引数で与えられた URI 構成要素から URI::HTTP オブジェクトを生成します。 引数の正当性を検査します。

[PARAM] ary:
構成要素を表す配列を与えます。要素は次の順です。
      [userinfo, host, port, path, query, fragment]
[PARAM] hash:
構成要素を表すハッシュを与えます。ハッシュのキーは :scheme, :userinfo, :host, :port, :path, :query, :fragment のいずれかです。
[EXCEPTION] URI::InvalidComponentError:
各要素が適合しない場合に発生します。

例:

newuri = URI::HTTP.build({:host => 'www.example.com', :path => '/foo/bar'})
newuri = URI::HTTP.build([nil, "www.example.com", nil, "/path", "query", 'fragment'])
new(scheme, userinfo, host, port, registry, path, opaque, query, fragment, arg_check = false) -> URI::HTTP[permalink][rdoc]

汎用的な構成要素から URI::HTTP オブジェクトを生成します。build と異なり、デフォルトでは引数の正当性を検査しません。

[PARAM] scheme:
構成要素を表す文字列を与えます。
[PARAM] userinfo:
構成要素を表す文字列を与えます。
[PARAM] host:
構成要素を表す文字列を与えます。
[PARAM] port:
構成要素を表す文字列を与えます。
[PARAM] registry:
nil を与えます。
[PARAM] path:
構成要素を表す文字列を与えます。
[PARAM] opaque:
構成要素を表す文字列を与えます。
[PARAM] query:
構成要素を表す文字列を与えます。
[PARAM] fragment:
構成要素を表す文字列を与えます。
[PARAM] arg_check:
真が与えられた場合は、各引数が字句規則に適合しているか否かを検査します。適合しな い場合は例外 URI::InvalidComponentError が起ります。
[EXCEPTION] URI::InvalidURIError:
registry に nil 以外を与えた時に発生します。デフォルトでは引数の正当性は、これ以外 検査しません。
[EXCEPTION] URI::InvalidComponentError:
各要素が適合しない場合に発生します。

インスタンスメソッド

request_uri -> String[permalink][rdoc]

自身の「path + '?' + query」を文字列で返します。 query が nil である場合は、自身の path を返します。

path が空である場合には、path は「'/'」であるとします。

例:

require 'uri'
u = URI.parse("http://example.com/search?q=xxx")
p u.request_uri                                  #=> "/search?q=xxx"